三河ラーメン食べ歩き2周目(2)中華そば 政次郎

豊鉄バス停牛川から、徒歩2分くらい。
昨日臨時休業だったので、しつこくやって来たら営業していて、ようやく移転後初の訪問が叶う。
開店10分程度で満席になったが、ほとんどが常連客で、以前ほど繁盛しているという印象は受けなかった。
実に2年と3ヶ月ぶりでメニューを眺めて見れば、移転前にあった看板の塩ラーメンが無くなっている以外はさして変わらず…仕様に違いがあるのだろうと推測し、オススメの定番二品をセットで注文してみた。

《中華そば、カレーセット》800円+500円

あっさりし過ぎて味が全く無かったり、味がぼやけて上手く説明しづらい料理を食べた時に表現するのに『優しい味』という言葉を使って角が立たない様にすることが多い昨今、こちらの移転前の塩ラーメンが正にお湯でおいしくないとハッキリと酷評した記憶があるが、今回いただいた中華そばのスープはそれほどひどくはない。
ひどくはないが美味しいわけでもなく、明確にスープのまろやかさがわかるのはカレーライスを口にした後である。
なので、余程舌が敏感でない限りは、その旨味を感じることなく食べ終えてしまうだろう。いずれにせよ、雑煮の汁もどきだった移転前の醤油ラーメンに比べれば少しはましになったけれど、自分の口には合わなかったとだけ言っておこう。

チャーシューや味付け玉子、しょぼいメンマは想定内で、麺はよく合った感じだからスープの改良が今後の課題といったところか…なれど無化調とはいえ、コスパが良いとは思えない。

因みに自分が優しい味という表現をするのは、食べて気持ちが穏やかになる時のみである。

一緒に頼んだハーフカレーはこれまた微妙で、時折スパイスがピリッと口の中に広がるものの、普通っぽさは否めなず、単品で注文するよりも、ラーメンと互いの相乗効果でもっているような一品だった。

昨日に続き、結局のところ足跡を残しただけ…リピートは周辺のラーメン屋が臨時休業だった時くらいだろう。

さて二日間腹いっぱい食べてしまったので、来週までに体重を元に戻して、次にあそこへ行くとしよう!