駿河ラーメン食べ歩き 湖西編⑥新華亭

JR新所原駅から、徒歩15分くらい。
なのにGoogleの経路では、わざわざ天竜鉄道に乗り換えて、アスモ前から徒歩23分となっており、いかに適当な案内かがわかる。
少しでも歩くのが面倒なら、コーちゃんバスを利用する手段もあるのだが、本数はあまりないし接続時間がよろしくないため、熱中症に気をつけながらてくてくと歩いて行く。

湖西編の最後を締めくくるのは、町中華として息の長いお店…ところが、火曜休みという以外に営業時間等の情報が無く、下手をすると飲食店にありがちな第三月、火曜休みもあり得る日に、一か八か訪れてみる。
もちろん、やってなければすぐさま駅に戻って『宝来軒』へ行ける様に時間調整をぬかりなくしておく。
というのも、約一年前に訪れた『来来花』まで歩くのは流石にしんどいからだ。
何とか目的地に到着…営業中の札がかかっているのを見てホッとする。

年季の入った店内を、物腰柔らかな職人肌の店主が一人で回している様だ。
中華料理屋に来たら、いつも注文する二品がセット
になってお得感があったので、追加で前々回食べそびれた餃子も頼んでみた。
一品一品丁寧に作ってくれているため、出来上がるまでには多少時間が掛かる。

《半チャーハンセット、餃子》

ラーメンに半チャーハンとサラダが付いたセットである。
オーソドックスな醤油スープで麺も普通、二枚あるチャーシューが結構おいしかったことを除けば、いたって昔ながらのラーメンといったところ。

しっとり感のあるチャーハンは、味付けが濃くて一口食べる度に味がしっかりと伝わってきて、パラパラあっさり好きな自分だが、これはこれでかなりイケると思った。

そして追加で頼んだ餃子にびっくり仰天!
大きめで餡もぎっしり、皮の食感が絶妙でタレに浸けなくてもとても美味しいという一品なのだ。
しかーも!クレアラシル、8個で370円と非常にコスパが良い。

今まで自分が食べた餃子の中でも五本の指に入る出来栄えだったので、間違いなくこれだけの為にリピートするだろう。
湖西編最後で隠れた名店に出会えたことに感謝し、食べ過ぎたお腹を擦りながら帰途に着くのだった。

さて、来月からはこれまで食べ歩いたラーメン屋で、しばらく訪れていない処へ行くつもりだ。
変わらない味、進化した味、劣化してしまった味等様々であろう…果たしてどうなりますやら、また来週!

《追記:チャーハン、餃子》

日を置かず、今度は普通盛りの炒飯とまた食べたいと思った餃子を目的に訪れてみた。
あれ?半チャーハンの時よりあっさり目で、味が今一つに感じるのは何故だろう…ひょっとして、初訪問ではとても美味しかったのに、二度目に行くとそれほどでもないというマーフィーの法則が適用されたのか?
餃子は前回と変わらずジューシーでイケるので実に惜しい。

まあ、ふと思い出した時に再訪することにしよう!