駿河ラーメン食べ歩き 湖西編④あきんDON

JR鷲津駅から、徒歩20分くらい。
『宝来軒』で味の思い出補正をするだけのつもりが、湖西周辺のラーメン屋及び町中華の店を、結局思いつきで回ることになってしまった。
…で、今回は面倒なので鷲津にある二軒を連食することにする。
浜名湖電装の近くにある、かつては某有名な豚骨ラーメン屋と同じ名前だったこちらのラーメンの特徴はニンニクの入っている点にあり、個人的に大好物なので、期待して店内に入る。

昼も近い時間帯、続々と入ってくるお客をてきぱきと女性三人で役割分担して捌いている。
もう一軒訪れる予定だから、軽く一杯食べられる程度のモノを基本メニューから選んで注文した。

《醤油にんにく》

うーむ…ニンニクが入っていなければ、何の変哲もない普通のラーメンだ。
スープにすりおろしたニンニクをよーく混ぜ混ぜして、風味が出てきたところで麺と絡めていただいたものの、さしてインパクトはない。

厚みはないけれど丼の半分近くを大きさなチャーシューが占め、残りの半面に海苔とメンマにナルト、ゆで玉子半分が乗っている。

沢山ある具材を麺と一緒に食べ、丁度あと一杯ぶん食べられるくらいの腹六分目な量で助かった。

ベトコンラーメンの様に一口食べれば箸がどんどん進むといったヤミツキ感はなく、少々お疲れ気味の地元企業の社員がちょいとスタミナが足りないから補給しようというくらいなので、オリジナルメニュー等種類も豊富ではあるが、まあ一度訪れれば充分だろうと感じた。

会計の後に、色々なサービス券が当たる福引きをガラガラと回してみたがハズレ…後顧の憂いなく店を出るのであった。

さあ、折り返して徒歩約8分くらいのラーメン屋へ続けて行くぞ!