三河ラーメン食べ歩き、豊川編⑯町田商店豊川インター店

飯田線豊川駅から、徒歩25分くらい。
口直しが空振りに終わった名古屋の有名店の後、隠れ家で思う存分美味しいラーメンを堪能し、次に目指すは約4ヶ月ぶりの豊川で、オープン間もない処である。
最近では家系もバッタもんが増えており、豊橋ではあっという間に潰れたりしている現在、地域にチェーン店として定着するのは案外難しいのかも知れない。
距離を少しおいて乱立する飲食店の中で、果たして君は生き延びることが出来るか?
教師生活25年、いただきまする!

《ラーメン、ライス》

運ばれてきた丼は小さめでスープが少ないためか、太くて平たい麺が目立って沢山ある様に見えるが、実際はさほど量はない。
うん、普通の家系ラーメンだ…麺にスープを絡ませて無難な仕上がりの味を口に運ぶ。

彩りとしてだけのホウレン草、チャーシューやうずら卵に美味しさの相乗効果はない。
なので、卓上にある薬味で自分好みに調整していくことになる。
いろいろ試して楽しんでから、海苔三枚をスープに浸して、同じく薬味を乗せたご飯と一緒にいただき、そこそこお腹が膨れた。

直系横浜家系ラーメンも、昔の味の面影が薄れている今日この頃、東三河方面にこのような処があっても良いとは思うが、個人的にはどうしても安城の『ラーメン家』に行ってしまうだろう。

豊橋にも近々オープンするらしいけれど、いかんせん場所が遠く、足を運ぶのも躊躇われる。
ましてや飯村町と言えば、屋系三連星の一つが鎮座ましましている所…長続きさせるのは困難と推測する。

横浜家系が定着することを願って、ふと思い出した頃に近場に出来たら行ってみるとしようか。