三河ラーメン食べ歩き、岡崎編33ラーメン餃子九州

名鉄バス停康生町から、徒歩5分くらい。
Googleで検索すると『九州中華料理店』という名称で出てくる。おそらく同じく岡崎にある『九州一番』と間違えられるからだと推察するが、安城の『ラーメン家』と『ラーメン屋』ほどややこしくはないと思う。
引き続き、ラーメンの味は度外視して、チャーハン優先で訪れてみよう!の二日目である。
康生町近辺最盛期の頃に行って以来と記憶しているから、かなり久しぶりだ。
店名も剥がれかけて年季の入った店構え、準備中の表示に気後れすることなく勝手知ったる常連客が入って行くので、それに倣って後に続く。
客の方から注文をはっきりと伝えないと、常に忙しなく動いているため、一見さんは食いっぱぐれない様に注意しよう!

《ラーメン、チャーハン》

客の大半がチャーハンを注文するので、まとめて鍋で振るったモノが、ラーメンより先に渡される。
一目見て六名にある『くっちゃん』と同じタイプと分かる。塩がほどよく効いたなかなかの代物、岡崎四大炒飯の一つと言われるだけのことはある。

そして、半分くらいいただいた時分に、ようやくラーメンが手渡される。
スープはコショウをぶっかけないと何ともならないくらい、あっさりしすぎた薄味、麺は着丼前から、すでにノビていた。
チャーシュー二枚に輪切りのゆで卵とモヤシだけのシンプルな具材は、値段相応と納得するしかない。

まあ、個人的に店のオススメはあくまでも、あんかけ焼きそばとチャーハンであるから、今回の様なイレギュラーな注文を普通はしない。

行きつけのリピートするラーメン屋が臨時休業だった時に、再訪するに値するコスパの良い中華料理店だった。