三河ラーメン食べ歩き、刈谷編⑮自家製麺らーめん かり屋

JR野田新町駅から、徒歩10分くらい。
名古屋へ行くまでの列車に、もはや鈍行を利用することなど考えられないほど駅の数が増えてしまった現在、およそそこに住んでいる人間しか利用しない所へ、ラーメンを食べるだけのために降りる。

東刈谷に向かってずんずん歩いて行くわけだが、もっと進めば、『みそ膳』『かとけんラーメン』があり、さらに先には『ラの壱』『大岩亭』が通り沿いにある。
……で、今回赴く気になったのは、刈谷駅周辺のラーメン巡りでハズレを引いた時に、口直しの出来る店が東刈谷以外にあればと思ったからである。

何となく見たことがあるようなシンプルな看板を見上げた後、中に入ってお試しセットっぽいモノをポチッと購入する。
初めて来たお客にも親切にいろいろと教えてくれる接客、さすが某バッタもんだらけのラーメン屋で店長をしていただけのことはある。
補佐するお姉さんは、焼き肉丼の調理を任されているようだ。
さあ、着丼までしばし待つとしよう。

《ラーメン+焼き肉丼》

個人のラーメン店でよく見かける丼に、同じくどこかで見たような感じの飾り付けだが、スープを一口啜ったら煮干しがよくきいた醤油ラーメンだった。
苦味はほとんど無く、魚介の生臭さの方が強調されているが、さほど苦にならず飲み干せそうだ。

乗っている具材は、チャーシュー二枚プラス鶏肉薄切りに、食べごたえのあるメンマと海苔一枚、そしてゴメンジャーのナルトピンクが描かれた…もといご当地キャラがまします可愛らしいナルト。
チャーシューは部分によってアタリハズレがある様で、美味しいところとそうでないモノをそれぞれいただくことになった。

さて、自家製麺の方はどうかと問われれば、こちらも今日びよくある蕎麦感覚の麺で、丼の中のいろいろなモノを絡めていただくのに相応しいと思う。

焼き肉丼は今一つ、スープと交互に口にしながら適当にお腹に収めた。

結論として煮干しベースならば、味にブレがあっていまだに定まらない蒲郡のダメダメ『未蕾』よりは、こちらの方が数段ましであると言えよう。

そんな訳で刈谷でハズレを引いたら、次回は塩ラーメンにお茶漬けサービスを試してみるつもりである。