三河ラーメン食べ歩き、刈谷編⑨かとけんラーメン

JR東刈谷駅から、徒歩6分くらい。
屋台の頃に一度、店を構えて間もない時期に二度ほど行って以来の訪問だと思うが、定かでない。
口直し後悔残さずにするため、『鬼ぶた』『ラの壱』から1日おいて応急措置をしにやって来た。
カウンターのみの小綺麗な店内に入って、かつて食べた味の記憶を辿りながら、とんこつ醤油と炒飯を注文する。
出来上がるまで、幼児を大きな口を開けて食べようとするペリカンや、くしゃみして青っ鼻を出しているオランウータンの幻影を眺めながら待つと、程なく着丼。

《げんこつラーメン、チャーハン》

幾分あっさり目なとんこつ醤油スープである。
このままでもイケるけれど、パンチが欲しかったため、卓上にあるニンニクで少しだけ味を調整する。
麺は縮れ気味な細麺でチャーシューもなかなか、全体的にバランスのとれた仕上がりだと感じた。

そして何とも香ばしいチャーハンは、同じくあっさりした味付けで、ラーメンと一緒に食した時によく合う様だ。

屋台の頃に食べたラーメンも健在らしいし、こちらの細麺が味噌ラーメンになるとどのような感じになるかも興味のあるところだ。

頻繁には行けないが、ふと思い出した時に行くのに相応しい処である。