三河ラーメン食べ歩き、豊川編⑮ラーメン餃子、北国

飯田線三河一宮駅から、徒歩15分くらい。
豊川駅から三河一宮の駅に着くまでの列車の窓から場所が確認できる。
第3月、火はほとんどのお店が休みの中で、唯一営業している処なので有難い。
こちらもご主人がやっていた頃に連れて来て貰って以来だから、どんなラーメンだったかすっかり忘れてしまっている。
若かりし日の面影がある奥さんとその娘さん二人で切り盛りしているその腕前やいかに?
いまだラーメンと一緒にチャーハンが食べたい病が治っていないので、メニューの一番上にあるみそラーメンと合わせて頼んでみた。

《みそラーメン、塩チャーハン》

まず丼に茹で上がった麺が入れられ、そこへ野菜炒めとスープが中華鍋から注がれる。
故に味噌よりも、野菜を炒めた胡麻油の味の方が強い。よって、味噌ラーメン?と疑問に思わなくもないが、これがこの店の特徴なのだろう。
個人的には好みのスープである。

たっぷりの野菜に隠れたチャーシューは固めながらまずまずで、更に埋もれた細麺は思ったよりも量が多かった。
他にワカメにコーンがあり、昔ながらのサッポロラーメンと言った感じで、これにバターをトッピングすれば、もっと美味しくなるに違いないと感じたけれど、お腹がユルくなるとまずい為、次回にすることにした。

塩チャーハンは、かなりあっさりしていて、ラーメンと一緒に食べると合う様な味付けになっている。

定食等は手頃な値段でお腹が一杯になる、とてもコスパの良いラーメン屋だから、昼飯時にはお客がどんどんやって来る。

豊富なメニューをいろいろ試してみたくなる、何となくホッとする場所だった。