三河ラーメン食べ歩き、豊橋編41来来花

JR新所原駅から、ゆっくり歩いて25分くらい。
湖西市豊橋の境を電波少年の如く越えてずんずん歩けば、
ごらんあれが豊橋はずれ来来花だよと、ラーメン好きが指を差す~♪
すぐ近くには『福ちゃんラーメン』1.5㎞ほど二川方面へ歩けば『ささき屋』や『陣』があるが、それら以前から営業している息の長い店である。

《しょうゆら~めん肉丼ランチセット》

昔ながらのしょうゆラーメンなのだが、スープはしょっぱくて、きざみネギがやや多い。
チャーシューは普通でメンマは堅めなれど、こちらの細麺は自分好みで、もっと食べたいと感じた。
これに肉丼がついたランチセットが690円というのは、かなりコスパが良い。
塩ラーメンを頼んだら、どんな味のモノが出てくるか興味をそそったが、またの機会にするとしよう。

気が向いたら、再訪したいところとはいえ、
スープにほんの少し甘味とコクをつけて、ネギは少なめにして、今どきのチャーシューにすれば、細麺に合ったかなり美味しい支那そばになるだろう、あと三歩の惜しいラーメンだった。

《冷やし台湾、餃子&小ライス》

安城にある『みやち家』の汁なし担々麺で使われている麺に似ている。
なので、自分好みのどか食い麺で、食が進むと思いきや、やや辛さが物足りない。
……で、卓上にあるラー油で味を調整し、半分くらい食べたところで、更にインパクトを求めてニンニクを所望する。
汁なし担々麺が北村一輝なら、こちらの冷やし台湾は清水宏二朗といったところか……小ライスを投入し、台湾混ぜご飯にして完食したら、お腹いっぱいになってしまった。
いずれにせよ、なかなかの食感と味であった。

そして値段に見合う、これでもかというくらい具が詰め込んである餃子も、非常に食べ応えがあった。

種類が豊富だから、また思い出した頃に別のラーメンを食べに訪れるとしよう!