三河ラーメン食べ歩き、豊橋編38唐勝軒

豊鉄バス停菰口町から、徒歩5分くらい。
前日に、味仙監修のカップラーメンを食べて胃腸を酷使したにも関わらず、闘将拉麺男は刺激を求めて訪れるのであった。
実は噛みきれない食べ物が苦手で、無理やり飲み込むことも困難な自分に、こちらのホルモンは打ち勝つことが出来るか?
厨房から漂ってくる香ばしい匂いに、パブロフの犬の様になって待つこと10分……。
ready、fight!!

《2倍ホル辛まぜそば

ほどよい辛さで仕上がったまぜそばをよ~くかき混ぜ~る。
そして麺啜れば、一口でヤミツキになる味だとわかる。危惧していたホルモンも、噛むと同時にとろける様なやわらかさをしているため、全く苦にならない。
2倍はホルモンの量であって麺は少ないから、大盛にするか、ランチサービスのライスで満たすかのどちらかになる。
麺を三分の一くらい残して、ご飯と混ぜてホル辛丼にしても面白いだろう。

ウチのお腹にホル辛ひとつ~♪
まぜそばヤミツキホル辛ひとつ~♪
食べた美味しいまた来よう~♪

《2倍ホル辛つけ麺》

カウンター越しに受け取って出来上がったつけ麺を見る………麺めっちゃ少な!!!
メインはホル辛だから、他の具材もショボいメンマに海苔ときざみネギ少々。
ランチサービスのご飯を頼んでも物足りないのは、前回で承知していたので、味だけを確かめることに専念する。

甘辛のつけ汁が麺に程よく絡みつき、こちらもまぜそばとは違ったクセになる味だと感じた。
量が少ないため、あっという間に麺は無くなり、つけ汁にご飯を投入する。

これで何とかごまかして腹六分目くらいだろうか?
まあ、岡崎の『麺屋らくだ』の口直しの二杯目としては丁度いい塩梅である。

次回は大盛と唐揚げを頼むとしよう!