三河ラーメン食べ歩き、豊橋編37まるぎん本舗

豊鉄バス停柱町から、徒歩5分くらい。
蒲郡のMEGAドンキの品揃えの悪さと、岡崎のMEGAドンキでいつも買う品が無くなってしまったため、約二ヶ月ぶりに豊橋へ行くことになった。
今週は四杯目で、かなり食べ過ぎにもかかわらず、寿命が減っても構わない気分で、二郎系を所望する。

まぜそば、太麺チャーシューニンニク増し背油少なめ並盛小ライス》

並盛がこの量ならば、年配の方が大盛を完食したらおそらく逆流性食道炎になるだろう。
消化の悪い固く茹でた麺を、しょうゆベースのつゆとじっくり混ぜ合わせて、どか食いしてみる。
いい味付けではあるが、モヤシやキムチと一緒にいただいても、途中で飽きてくる。
これは卓上にある調味料の類いで味を調整したとしても、大して変わらない。
今回選んだチャーシューは、脂身少なめで歯応えがあって、よく出来ていた。
麺をあらかた平らげた後に、追い飯風に丼に投入してみたけれど、それ以前に米が固くなっていたため、適当に掻きこんで食す。

はぁ~食った、食った!

二郎系以外、誰も注文していないという奇妙な光景の中で、敢えて普通のラーメンを注文してみたい気もしたが、次に来るのは当分先になるだろう。