三河ラーメン食べ歩き、岡崎編⑯まるぎん二号

JR西岡崎駅から、ゆっくり歩いて10分くらい。
沖縄風のラーメンを食べるため、二時間に一本しかないバスに乗り、わざわざ『麺屋やいま』に行ったのだが、店が閉まっており、隣でやってる店主曰く「昼間はもうやってないよ」と言われて、急遽変更した。
やいま行ったら~、食いそびられた~♪
この悔しさは忘れはしない~♪
全く食べログの嘘情報にも困ったものである。

岡崎駅まで30分以上かけて戻り、営業時間に間に合う店を検索して、たまには体に悪いラーメンを食べてみようとやって来た。

《家康ら~めん》
ニンニク増し、脂少なめ

岡崎の八丁味噌を使った味噌ラーメンって、どうしてこうも味が似たり寄ったりなんだろう?
確かに微妙に個性を出すためのブレンドが入っているのが僅かにわかるが、ラー1号とラー2号くらいの違いだ。
小盛りながら、240グラムある麺、とろーりとろけるチャーシューの脂身と歯応えのある肉、モヤシたっぷりに野菜を加えて、実に食べ応えがある。

固く茹でた太麺は、個人的に苦手でしばらくほって置いたら、味噌煮込みうどんの様な感じになってしまった。
汁なしの二朗系が売りのところだから、味としては、まあまあといったところか……。

ここで書くことではないけれど、味噌ラーメン=太麺は、多少出来ばえが悪くても誤魔化しがきく。
なので、自分は味噌ラーメンでも細麺を使って美味しい店を高く評価している。

此処へは、いずれ汁なしを食べに再訪することにしよう。