三河ラーメン食べ歩き、豊橋編34らあめん処ふじがや

市電運動公園前から、徒歩2分くらい。
黒い三麺星のマッシュに似てはいないが、黒田屋で修業して独立した店である。

≪ちゃーはんセット味噌≫
以前、しょうゆラーメンを食べてしっくりこなかったので、今回は味噌を注文してみた。
ラーメンが来る前に、こだわりのチャーハンを渡され、とりあえず一口いただくと、かなりあっさりした塩味である。
おそらく、単品で頼んで食べたら物足りない味付けだろうと噛みしめていると、ほどなく味噌ラーメンも着丼。
スープを啜れば、和風なこれまたあっさり味噌味で、何となくチャーハンと一緒に口にすれば、ようやくそこそこな美味しさになった。

ラーメンに合うチャーハンであり、チャーハンに合うラーメンといった、相互作用で成り立つ味だと感じた。
チャーシューや他の具材は月並みだし、どのラーメンもあっさり和風ベースなため、黒田屋の面影は無い。
なので、普通のラーメン屋さんとして見ても、さして秀でたところは合わせ技くらいである。

いずれにせよ、随分前に食べた時と変わらなかったから、もう行くことはないだろう。