三河ラーメン食べ歩き、豊川編⑧らーめん喰

名鉄八幡駅から徒歩7分くらい。
鶯の身をさかさまに初音かな
道すがら船越さんに会うかと思ったが、やわた違いじゃ仕方ない。
Googleの経路通りに歩くと、信号の無い、車がひっきりなしに走っている道路を横断しろと無茶な要求をする。なので、少し遠回りをすることになって
面倒だ。
わあわあ言うておりますうちに、目的地に到着して天地を喰らわず、麺喰らう次第になりまする……。

2017/10/6
徳島ラーメン餃子セット

お店の中を甘辛い匂いが漂って、あぁ徳島ラーメンだと認識する。
煮込んだ豚バラをスープに浸し過ぎると、肉の臭みがあらわになるから、自然に食べるにまかせた方が良い。
麺は細く縮れており、徐々に濃くなってきたスープとの相性は微妙である。
ご飯を食べながら、ラーメンの汁を啜るという能書きに従って食べてみたが、まあまあの味だった。

量は少なめだから、セットで注文しないと物足りないのと、税別になっているところが難点。

まあ、三河で全国のいろいろなラーメンの1つに会えたということで、良しとしようと安田一平は思ったのであった。