三河ラーメン食べ歩き、安城編④麺やOK

JR 安城駅から徒歩5分くらい。
愛知カレーラーメンコンテスト優勝のお店ということで、カレーラーメンを食べに行ったのがきっかけの三次、ガッツリ二郎系からいろんなまぜそばまで、様々なラーメンがある。

«しお台湾»
初めて来た時は、カレーラーメンがメニューに載っていなかったので、首をかしげながらやむを得ず塩と名の付く一品を注文した。
一息ついて店内を見回したら、後ろに貼ってあり、また来なければとやられた感がした。
分離している塩のスープだけを掬っていただくと、和風だしでしょうゆ台湾ラーメンと区別しているだけのような気がする。
…で、台湾ラーメン風味にかき混ぜて細麺と一緒に味わえば、何とも微妙である。
ライスや追い飯はランチサービスで付かないので、今回はやや物足りなかった。

«ぼくはカレー、私はカレーラーメン»
カレーラーメンには二種類ある。トロトロ系とスープ系である。オリエンタルマースカレーを生かすには、さらさらな黄金スープが個人的にオススメなのだが、果たしていかなることに…。
カレーらしい具材に、獅子唐や味付け卵が乗せてある。
予想通りのトロトロ感のあるルーで、最近はどのラーメン屋でもこのタイプが多い。
麺にカレーが絡みついてなかなかの味だけれど、絵描き歌のコックさんが太い眉のオリエンタル中村さんになった感じに濃いため、あっという間に食べられない。
結構な量と自分の好みとは違うカレーということもあって、追い飯をつけるほど食欲をそそらなかった。

«コクうま味噌»
味噌ラーメンは、味付けにハズレは少ないが個人の食べた刷り込みによって、好みが大いに分かれる。
おそらく、こちらの店の味噌を初めて口にしていたら、基準が変わっていただろう。

二郎系は、一杯食べるごとに100日寿命が縮むし、煮干し系は生臭いのが苦手なため、いつも避けている。
なので次に頼むとすれば、まぜそばだろう。
思い出した頃に、また来ようか…。