三河ラーメン食べ歩き、豊橋編⑯カドワラ

JR 豊橋駅から徒歩18分くらい。
又は、市電札木駅から5分くらい。
本家は竜が笑うが、こちらは角で笑う。
笑う門には福来たる、隣の芝生に山本陽子
オープン当時は昼から通しで営業しているのが売りだったが、時間帯で客がまばらになれば、光熱費もバカにならないと感じたのだろう、結局中休みを取ることになった模様。
店内はやや狭く、今どきのお洒落な内装である。

«なんこつ麺»
竜笑の味を引き継ぎつつ、竜笑のように時々麺がノビテいることはない。
なんこつのヌルッと感に、舌を火傷してしまいがちな冬瓜が入っている塩ラーメン。
結構イケるのだけれど、いかんせん量が少ない。
替え玉を頼んだら、塩味が確実にボヤける。
物足りなさを感じながら完食した。

«坦々麺»
何か特徴があれば良いのだが、普通の坦々麺である。安城のみやち家、麺家烈と比べるとどうしても味が落ちる。そして、こちらも量が物足りなかった。

2017/8/15
グリーンカレーまぜそば

豊橋まぜそばフェア参加ラーメン。
グリーンと言っても、麺が緑色をしているわけではなかった。水菜を上に振りかけて、茄子や刻んだ黄色いピーマンで彩っている。
混ぜ合わせた後、いろいろ絡んだ麺をいただくとココナッツミルクでかなり甘い。
カレーのスパイスは隠し味?と思うほど全く辛くないため、クセのある味である。
またまた量が少なめだったが、追い飯つきだから大丈夫と思ったら、仏壇に供えるお米並にメチャメチャ少ない!

総合的に見て、女性向けなのかなぁ?という印象がこのお店にはある。

同じラーメン頼んでも、日によって当たりハズレのある竜笑より、ブレの無い麺を食べたくなったら、行ってもいいかな位の処だった。