三河ラーメン食べ歩き、刈谷編④麺場 帆月

JR 東刈谷駅から徒歩8分くらい。
先週休みだったので、リベンジにやって来た。
時代劇のゲストの寄せ集めに内藤勘解由が混じっている『美しきチャレンジャー』のような似たり寄ったりなラーメンに飽きてきた今日この頃、個性的な味を求めつつも、自分の好みに合ったモノを見つけるのは、なかなか難しい。
そこで、創作ラーメンと呼ばれるところへ敢えて飛び込んでみる。
飛び魚ターンで引き返すことになるや否や?

店内に入ると、思ったよりもかなり広い。
とても愛想の良いお姉さんに好感が持てる。
外にあるメニューとカウンターに置かれたモノが若干違っていたため、目当てのラーメンがあるか尋ねてみると、今はないらしい。
あてが外れたので、どうしようかメニューとにらめっこ。
そこへ店主が現れ、作ってくれると言ってくれて、大変恐縮してしまった。
何ていい人達なんでしょう!今どきの無愛想なラーメン屋に比べたら、月とすっぽん、トンビに油揚、カツオに花沢さんだ!
全く意味の無い三段落ちを考えているうちに、注文したラーメンがやって来る。

2017/7/18
にんにくブラックそば、まぜ御飯

鶏そぼろに卵を混ぜたチャーハン風のまぜ御飯、先にきたので、少しだけ口にする。
モグモグゴンボ林家こぶ平、まあまあな味付けである。ラーメンの味を損わない微妙な加減がいい。
……で、しばらくして着丼。
いつもの様にレンゲで掬って一口、ピリピリピリッ…ローストされたニンニクを麺と絡めて……ピリピリピリッ、いやぁ刺激的な味だ!
スープを飲む度に汗が吹き出し、半分くらい食べた辺りで鼻水も出てきた。
チャーシューやメンマは月並みな味だけれど、ここにしかないブラックな感覚が味わえる。

2017/8/8
坦々麺

真っ赤に燃える~坦々麺が、真夏の昼にもってこいだよ~♪
辛さはほどほどなのに、ここのラーメンを食べると何故か汗だくになる。
スープは普通の坦々に、エビやら何やらブレンドされた、独特な味がする。
麺が少なめ?と思っていたら、具材がたっぷり入っているため、サービスのご飯を合わせると、お腹一杯になる。
顔も身体も汗でぐっしょりになってしまったので、さすがにスープを完飲出来ず。
なれど、そこそこ満足な味だった。


おそらく、他のラーメンも唯一無二な横溝正史シリーズの『三つ首塔』のような濃い俳優陣が集まった感じなのだと推測できる。

また試してみたい衝動に駆られてしまい、まだまだ東刈谷方面に赴く日が続くようだ。