三河ラーメン食べ歩き、岡崎編③自家製麺 公園前

JR 岡崎駅から徒歩8分くらい。
以前にも書いたが、岡崎はメガドンキで買い物する用事がないとめったに行かない。
ついでにラーメン屋による訳だが、岡崎のラーメンはどうも自分の口に合わないモノが多く、あまり印象が良くない。
そんな中で、しばらく通いつめたのがこのお店である。
場所的にわかりにくいところにあるし、ラーメン屋ですと表示がなければ、名前だけで何をしている店か(?_?)な感じで、オープン当初はお客も少なめで、隠れ家みたく心地よかった。

«特製塩そば»
透明なスープを口に含むと、あっさりながらしっかりとした味が伝わってくる。
もっとも、塩ラーメンを得意とする他の店とさほどの変わりはなく、クロエ·サリバンとうえだ峻くらい似通っている。
白髪ネギも定番で、食後に口の中に残るのが苦手なので、速やかに食して処理する。
で、自家製麺はそこそこ良いけれど、量が物足りなくて全体的には残念かなあ、と思いながらチャーシューを口にしたら、これが燻製にしてあってなかなかいける!
癖になるチャーシューのためにだけ、また来ようと思った。

«濃厚魚介らーめん»
どことなく家系のラーメンっぽいスープの色に、これをメニューに入れたのは、調理する方の得意分野なんだろうと思いつつ、口に含めば魚介の風味が口に広がる。
麺は太めで個性的なスープによく絡んで、燻製チャーシューと合わせて食べれば、まあまあ良い仕上がりになっていた。

«特製塩つけめん»
若干つけ汁の塩味に工夫がされているが、食べていくごとに味がボヤけてしまうのはやむを得ないところか…。

«辛つけめん»
そのまま注文しても、辛いのが苦手な人にはかなりピリピリ舌にくる。
それが堪らないかどうかは個人差があるので何とも言えないが、次第に汗だくになる。
これまた特徴のある味で少しだけ楽しめた。

燻製チャーシュー食べたさに何度も通っているうちに、お客も開店してすぐに一杯になるほど繁盛してきた様で、また顔を忘れられた頃に行くことにした。